省エネ・電力コンサルティング

見積り無料!ご不明な点などお気軽に問い合わせください!

よくある質問

よくある質問をまとめました

料金について

月末検針で、翌月初(基本3営業日以内)請求、20日振込みとなります。
なお、振込手数料はお客様にご負担いただきます。自動引き落しでの対応も可能です。
契約期間は最低1年間と考え、その期間中に料金の変動の要素として次の3 点があり、ルールについては各々違います。
1) 地域電力会社の燃料調整制度による変動・・・・
料金変動に併せて弊社も地域電力会社と同一の単価で燃料費調整額を申し受けます。
2) 太陽光発電促進付加金および再生可能エネルギー発電促進賦課金・・・
イーレックスも地域電力会社と同一の単価で申し受けます。
3) 地域電力会社の料金改定・・・・
出来る限り競争力が保てる様努力したいと考えています。
具体的には、その時点で別途協議の上、競争力のある条件で新たに契約を結び直すことを検討させていただきます。
燃料調整制度:電気をつくるために必要な燃料(原油・LNG(液化天然ガス)・石炭)の価格は、市場や為替などの外部要因により変動します。燃料費調整制度は、これらの価格変動に応じて電気料金を調整するしくみ。
太陽光発電促進付加金:太陽光発電設備で発電した電気の買取に要する費用を、全ての需要家が電気の使用量に応じて負担する制度。
再生可能エネルギー発電促進賦課金:再生可能エネルギーで発電した電気の買取に要する費用を、全ての需要家が電気の使用量に応じて負担する制度。
安くならない場合もあります。その際はご契約をいただくことができません。
見積で値引きが可能な場合のみ、ご契約をいただくことができます。
お客様の電気使用状況によってはお値引きできない場合がございます。その際は契約をいただくことができません。予めご了承ください。
地域電力会社と比べ、おおよそ1~15%程の割引きになるとお考えください。
一律の料金プランなどはなく、使用状況によりお客様毎に値引額は異なります。
契約電力が500kW未満の場合、電気料金を値下げしやすいお客様は、契約電力に比較して電力使用割合の低い施設となっております。契約電力に比較して電力使用割合の低い施設とは、時間帯や長期休暇・四季等によって電力使用料に波がある施設等です。代表的な施設は事務所ビルや各種学校・幼稚園、更に信用金庫・銀行などです。上記のような施設では電気料金を削減できる可能性が非常に高くなっています。また、それ以外にも定休日があり日中のみ稼働している施設(カーディーラー等)やオンオフシーズンが明確なスキー場やプール、競技場や夜間の数時間に照明で電気を使うゴルフ練習場なども料金削減の可能性が高いといえます。
契約電力が500kW以上の施設の場合、工場やホテル・大学等の電力の使用割合が比較的高い施設についても検討が可能です。工場やホテルなどで他新電力からお断りされた施設も一度ご相談ください。
イーレックスへの切替えにあたって設備投資や初期投資などのお客様の費用負担は原則ありません。
残念ながらイーレックスも値上げが発生してしまいます。地域電力会社の値上げと同様の値上げとなります。
理由は、地域電力会社が値上げすることで燃料の調達費用が値上げされ、 電力市場単価が上がってしまうためです。非常に残念ですが値上げせざるを得ない状況となります。
現在ご提出させていただいているお見積りは地域電力会社値上げ後の価格を基準に作成させていただいております。
しかしながら、地域電力会社の価格を基準に値引きさせていただきますので、 地域電力会社よりも電気料金の負担を軽減することは可能です。
これは一例ですが、 イーレックスに移行することで10%の経費削減ができれば、地域電力会社が17%値上げしたとしても実質はおよそ7%の値上げに抑えられることができます。

契約について

現在契約できるのは、高圧電力及び特別高圧電力で契約しているお客様(施設)のみになります。
原則として1年間とし、その後は自動更新です。
契約期間満了後につきましては、電力会社との契約に戻すことも可能です。
お客さまには契約切り替えに必要な書類(契約書等)をご記入・捺印いただき、イーレックスから地域電力会社に手続き・申請を行います。
イーレックスとの契約期間は最低1年以上となっており、1年経過後は他社(地域電力会社または他新電力)への切替えは自由となります。
※他社へ切替える場合、切替えの3か月前までに要連絡。
※毎年自動更新となります。

供給開始までの管理について

電気を供給する電力会社が変わるため、設備変更や改修工事の際の申請窓口が地域電力会社からイーレックスに変更になります。
※ただし送電網トラブルに関するお問い合わせは今で通り地域電力会社となります。
契約はデマンド監視システムで行われているピーク電力で契約を行うため、現状通りのデマンド監視で行われている使い方を行なって頂く事になります。
ピーク超過をしてしまった場合は現在の地域電力会社と同じように基本料金が上がったり、超過金が加算されます。

期間について

お申込みいただいてから、3カ月程度で切り替えすることが可能です。

供給について

イーレックスと地域電力会社のバックアップ契約により、お客様は保護されます。
つまりお客様はイーレックスとの契約内容に沿った料金で継続して電力供給を受けられます。
その際の補償に関する金銭のやり取りはイーレックスと発電事業者の問題であり、お客様にご負担はかかりません。従ってイーレックス独自の補償制度はありません。
イーレックスに切替えても送電網などのインフラ(公共)は地域電力会社のものを引き続き利用しますので、電気の送り方・お渡しの仕方は変わりません。
そして電気に色などはございませんので、イーレックスのものか地域電力会社のものか判断することはできません。
電気やインフラなど物理的に今と一切変わりありません。
上記から地域電力会社が停電を起こさない限りは、停電は起こりえないものと考えます。
新電力からの電力の供給は原則として地域電力会社の送電設備を通じて行われますので、電気の質は従来と全く変わりません。
また、地域電力会社とのバックアップ契約により、万が一新電力の電力供給量が不足した場合でも、利用者に対しては地域電力会社から電気が送られ停電することはありません。
特に問題ございません。
現在の地域電力会社との売電契約を維持したまま、新電力への切り替えられます。
また売電契約も新電力に変更できる場合がございます。

緊急について

その様なことが無いよう万全の経営を行ってまいりますが、万一その様な事態になった場合は、お客様の判断で他の電気事業者(地域電力会社を含む)と契約を結び直していただくことになりますが、契約先変更の期間までは地域電力会社とイーレックスのバックアップ契約で保護され、お客様への送電に支障が生ずることはありません。
その際のバックアップに関する債権債務の処理は、地域電力会社とイーレックスの問題であり、お客様にご負担はかかりません。
配線路の不具合による停電が発生した場合は、これまで通り地域電力会社による復旧対応が行われます。復旧までの確認等の連絡は地域電力会社にお願いいたします。また、お客さま設備の故障、事故等による停電時は、従来通り、電気主任技術者にご確認ください。
※電気主任技術者:事業用電気工作物(電気事業用及び自家用電気工作物)の設置者(所有者)には、電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督をさせるために、電気主任技術者を選任しなくてはならないことが、電気事業法により義務付けられております。
代理店は、お客様とイーレックスの契約の仲介を行わせていただきますが、契約はお客様とイーレックスの直接契約となります。
代理店は契約締結までとなりますので、代理店が運営できなくなってもお客様に影響はございません。

切替について

お客様から申込に係る書類を頂いてから実際の電力供給までに3ヶ月程度の準備期間をいただいております。
現在、高圧受電で行われていますか?まず、見積りをさせて頂きます。
直近一年間分の電力使用データ(契約電力、電気使用量、契約メニュー、付帯する各種割引等)が確認できる資料(請求明細書)のコピーをいただきたいです。
見積りを見て頂き、納得いくメリットを感じられたら、契約、切り替えになります。

その他について

送電等電力の系統運用に関わるお客様へのサービスは、託送契約の関係から今後も地域電力会社が行うのであり、仮にイーレックスと契約することにより、そうしたサービス及び日常取引でお客様が不利益を被ることは、電気事業法では独占禁止法で禁じられた行為ですので有り得ないことと考えます。
地域電力会社からイーレックスへ供給先を変えることによりデメリットと呼べるものは発生いたしません。電気に色はございませんし、今までと変わらない使い方で電気料金が下がるシステムです。
ご注意いただきたい点が一つあります。
最短1 年以上の契約期間となっております 1年未満でのご解約且つ6ヶ月以上前の事前通告無しでの解約となった場合、違約金が必要となります。契約満了日まで3 ヶ月未満での通告となった場合は違約金が発生します。
現行の供給者(地域電力会社を含む)との契約において、上記のような違約金が発生するケースがありますので、切替をご検討の際は、現在のご契約内容をご確認いただきます様お願いいたします。